我輩は犬である。タイトルはまだ無い。

犬について書いた記事は無かったと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガガンボ童話

ガガンボって知ってる?
あのさ、でっかい蚊みたいなやつ
どうもエコ犬です

そのでっかい蚊なんだけどさ
ダイクマで見かけたのよ
「でっかいな~」とか
「あれが吸血性だったらヤバいな」とか
「吸血性じゃないけど、あのフォルムは生理的に無理」とか
思いつつ見てた
ディスカウントショップで天井の一点をボーッと見つめてるのも
どうかと思うんだけど
なんか憎めないんだよね
嫌いだけど気になる
この気持ち何?

ヤツはいつも、室内の天井の端っこを飛んでる
いつも、x軸とy軸とz軸の集うあの地点のさらに向こう側へ行こうとしてる
まるで辛い現実から逃げるように
例えば
『私は貧乏な苦学生。だけど彼は財閥の御曹司。
ある日、彼の親に私たちの交際がバレた。彼の親は猛反対。
権力を笠にして、分かれるように言われた。でも、私はあきらめなかった。
それから、彼の親からの執拗な攻撃が始まった。
私の親は会社をクビになり、大切な人達にまで、その手は及んだ。
もうダメだ。やっぱり権力には勝てない。
私のせいで、大切な人達が苦しむ。もう耐えられない。』
って時くらい、逃げようとしてる
むしろ、道明寺を待ってる

冗談はこのくらいにして
真面目に疑問なのが
あんな生き物の幼虫ってどこに居るの?
河に居るのはわかるんだけど
実際に見たことが無いからさ
やはり、幼虫もデッカイのかな
みたくないや

それに、毎回一匹で現実逃避してるからさ
小鳥が木の葉から生まれるように
ハエが生き物の死骸から生まれるように
ガガンボは三つの直線が集まる場所に生まれるんじゃないかと思えてくる
自然発生説の再来だよ

もしくは、誰かの逃避したい気持ちが具現化した姿かもしれない
それなら、あの嫌悪感や不安を煽るフォルムとディテールも納得できる
これはちょっとメルヘンチックな感じがしてくる
本当は怖いグリム童話みたいにさ

そして、そんな事を考えながら一点を見つめる姿は
メンヘルチック
誰も声を掛けられない

綺麗にまとめたところで
今日はお開き


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomenn.blog62.fc2.com/tb.php/628-0d4fa1d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。