我輩は犬である。タイトルはまだ無い。

犬について書いた記事は無かったと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーチャロン愛

プラモデルやらフィギュアやら
最近、そのテの話題が多いのは仕様です
興味の無い人には申し訳ないんですが
僕の中でブームが来てるので
まあ、カンベン
どうもエコ犬です

では、早速
コトブキヤがバーチャロンプラキットに参戦
な、なんだってーーーー

とりあえず驚いてみましたが
補足説明しときます


電脳戦機バーチャロンシリーズのプラモデルの歴史

そもそも電脳戦機バーチャロンってのは
アーケードゲームの名作なんだけど
そこに出てくるカトキデザインのバーチャロイド(以下VR)
ってロボットに人気があってね
当然、立体化の要望が強かったんだね
そんな立体物の全ては、僕も把握できてないんで
今回はプラモデル限定の話です

僕が知っている範囲ってのは
ある程度普通のプラモ屋で買えるプラモだけなので
もしかしたら他にもあるかもしれませんが
そこはご愛嬌

さて、まず最初に出たのは
ウェーブ製の1/144プラモデル
FSSやボトムズのプラモ、ディテールアップのためのパーツ
等で有名なウェーブね
他にはタチコマだったりフィギュアだったり
色々と

これは、一番最初の電脳戦機バーチャロン(以下OMG)からの立体化で
当時はまだ、続編が出てなかった頃だったけな?
そこの記憶は曖昧です

このウェーブ製OMGシリーズ
値段は1000円前後だった気がします
ウェーブ製とは思えない安さです
出来は値段なりで、ガンプラのHG感覚で作れましたね
OMGのVRは当時のポリゴンの都合上
あまり複雑なデザインでは無かったので
この値段に出来たんでしょうね

成形色が一色
デカールではなくシール
商品化されたのは、テムジン、ライデン、バイパーⅡのみ
と不満もありますが、仕方が無い
もう少し売れれば他のVRも出たのかな

その後長らく、VRプラモは出ていませんでしたが
バーチャロンマーズ発売後になるのかな?
ハセガワからプラモデルが発売されました
飛行機のハセガワ
公式のトップページがウザいハセガワ

ハセガワ製プラモは
シリーズ表記が無い気がするんですが
フォースのVRの立体化ですね
価格は3000円代と、それなりの値段
ラインナップはテムジンタイプ、アファームドタイプ、フェイイエンタイプ
タイプと書いたのは
ハセガワお得意のバージョン違いが色々とあるから
マクロスシリーズも似たようなバルキリーがたくさん・・・

で、ハセガワ製のデキですが
僕はフェイイエンしか知りませんが
デザインの再現度は高いです
可動はいまいちなのは航空機メインのメーカーですから
仕方ないんですかね
そして、デカール地獄が待っています

そしてコトブキヤですよ
1/100でOMGとオラタン(2作目)からのラインナップ
まずはオラタンのライデン
一応、他と被らないようにしてるんですね

そんなわけで
もはや公式にも載ってないウェーブ製
バージョン違いばかりのハセガワ製
ときて
ある程度商品展開力のあるメーカーからの発売ですから
バーチャロンファンは期待大でしょうね

以上、自己満足でした


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomenn.blog62.fc2.com/tb.php/596-75021a93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。