我輩は犬である。タイトルはまだ無い。

犬について書いた記事は無かったと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞浜の空は青いか ~夢と現実の狭間で~

前も書いた気がするけど
ネズミーランドの話
どうもエコ犬です

ネズミーランドってのは
みんなも知ってる夢の国です
ほとんどの人が現実を忘れてしまう
ステキな千葉です

例えば
カップラーメンの調味油袋のようなヤツ
つまり『どこからでも切れます』みたいなヤツでも
ちゃんと列に並ぶ
たばこのポイすてもしない

結構、いい年の大人も
ミッキーのミミとかつけてはしゃいでる
そんな夢の国

僕は夢の国が大好きでさ
スナフキンとガチャピンとミッキーは
スリートップなのよ

学生の頃の筆記用具はミッキーだったし
筆箱もミッキーにしてた時期があった
その筆箱は箱って言うよりも
ミッキーのぬいぐるみの胴体部分にペンが入れられるってやつで
今思うと、流石にそれはどうかと思うんだけど
それはいいや。別の話

でね、夢の国内ではおもいっきりはしゃぐのよ
もう午後は○○くらい思いっきり

それを他の人に話すと
「へー、意外」とか言われるんだけど
まあ、普段はテンションの上げ下げを抑えてるからね
ほら、目標はスナフキンだからさ

で、散々はしゃいだ後について思うんだけど
夢から現実に戻るタイミングっていつ?

判りやすいボーダーとして
被り物やらキラキラする棒やらを
いつしまうかなんだけど

ほら
結構、微妙だと思うんだよね

もうさ、冷めた人とか
立派な大人になると
最初から付けないから話にならないんだけど

グッズをしまうタイミングパターンとして
・入り口にあるショッピングモール的なところで歩きながら
・入場ゲートを出るとあまりに静かなので
・駐車場のあまりの広さに現実を直視して
・舞浜駅でディズニー帰り以外の人を見て
・新木場あたりで急に恥ずかしくなって
ここらへんが許容範囲だと思う

ただ、もうね
たまーに
たまーに
品川あたりまでそのままの人居るよね
もうね、そこらへんまで行くと
周りはサラリーマンばかりなのよ
夢など忘れたような、現実と戦う戦士ばかりなのよ

そんな人は
いっその事、夢から醒めない方がいいと思うんだよね
正直なところ、新木場あたりではずしてる人を見ても
やるせない感じになるもん

品川あたりで現実に帰るとさ
はずしたらはずしたで恥ずかしいでしょ?
いままで浮かれててスイマセンみたいなさ
もう、浮いてるのは知ってるけどあえてはずさない漢です
みたいに、ねずみのミミのまんまの方がさ
清々しいよね

そんな事より、もっと危ないパターンがあって
車で行った場合ね
最後の最後まで気づかない時があるんだよね
友達と盛り上がってたりするとさ
友達を一通り送る
急に静かになった車内
FMヨコハマのボリュームを上げる
ふとバックミーラーが気になり目をやると
そこには普段見慣れないものが
あれ?
ミミがついてる

客観的に想像してください
自分の後方の車の運転手が
ミッキーのミミを付けてます
あなたはどう思いますか?

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomenn.blog62.fc2.com/tb.php/553-21ed03bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。