我輩は犬である。タイトルはまだ無い。

犬について書いた記事は無かったと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のブログの前で泣かないでください

暖かいけど寒いね
冬は冬だわ
どうもエコ犬です

なんかさ
最近、ニュースを見てると、いつ何が起こってもおかしくないなと
そんな風に思います

不慮の事故と言うには残酷すぎる事故
どーでもいい理由で起こる殺人
命を奪われる理由なんて無いのに死んでしまう
天災で死ぬほうがよっぽどあきらめのつく事件が多いね

そんなニュースも不謹慎だけど他人事
てか、自分の事だと思って親身に考えたら心が壊れちゃうよ

ただ、他人事のニュースでも
いつ自分の身に降りかかるかわからない

例えば
ちょっと派手めな中学生が自販機を叩いてるとする
それを僕が「おいおいチビッコ。それくらいにしとけ。」と注意する
それにキレる中学生
「お前は尖ったナイフか。
 もしくは、カップラーメンの調味料袋か。どこからでもキレますみたいに」
とか思いつつも、思いつつも口に出しちゃう僕
そして刺される僕
ゲームオーバー
みたいな事があるかもしれないじゃん

で、報道されるんですよ
『○日深夜、○○市の路上で25歳男性が刺されて死亡しているのが発見されました。近隣に住む少年が昨夜から行方不明になっており、警察はなんらかの因果関係があると見て、その少年を重要参考人として捜索しています。』
みたいな感じでさ

さらに少年が捕まって動機が判明されるにつれ報道が過熱する
友人からも「いいヤツだった」とか当たり障りのないコメントをされ
僕の人物像までも報道される
で、ついにブログも発見されるわけだ
『彼が最後に自身のブログに書き残した言葉は “今年も、なんでもないような事が幸せだったと思える事をダラダラと書いていきますよ”だった。なぜ、前途洋洋な若者が殺されなくてはならなかったのか。なぜ、彼の幸せが奪われなければならなかったのか。彼がこのブログに幸せを書き綴ることはもうない』
とかドラマチックに報道されるんですよ
べつに最後に書き残したわけでもないのに
前途洋洋でもないのに

コワイコワイ

今後はよりいっそう、このブログの存在を隠していかなくては
もしくは、いつ死んでも大丈夫な内容を書くかだな



無駄な妄想なのはわかってます
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomenn.blog62.fc2.com/tb.php/496-bb0a4502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。