我輩は犬である。タイトルはまだ無い。

犬について書いた記事は無かったと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら動戦士ガンダムSEED DESTINYを語ってみる

今更ですが
何かと物議を醸し出したガンダムシードディステニーを
語ってみようと思います
どうもエコ犬です

とりあえず、何故にこのタイミングで語るのかと言うと
最近、全話を観たから
基本的に色々と語るには全話観るのがスジだと思います

そして、今ならファンから文句を言われにくいだろうと
そんな問題のある事を言うつもりはありませんが
小心者なので


まず最初に僕のスタンスとして
僕はロボヲタ
ガンダムSEEDは普通に面白かったと思う(全話観てないけど)

観る前の心構えとして
SEEDは1stガンダムのリメイク的な作品だったので
SEEDDESTINYはZ的な要素を含むんだろうと思っていました

で、観終わった後の感想

結論から言うともったいない
面白くなる要素は多々あったのに
消化しきれていませんね

最初から意識されていたわけでは無いと思うんですが
シン・キラ・アスランの3人を主人公的な役割にしておきながら
それぞれの成長が描ききれて無いのが残念


シンは本来の主人公
悲惨な過去を持ち、それゆえに病的に正義を摸索する
熱血漢で単純なオーソドックスな主人公タイプ
精神的に幼くワガママ
カミーユ的な存在

このタイプの主人公って
色々な大人に良くも悪くも影響を受けて
少しづつ成長していくはずなんですが
影響を与えるべき大人キャラの
良識人である艦長と絡みが少ない
言葉で示した議長は悪役
行動で示すべきアスランは優柔不断

主人公としての王道としては
最初はアスランの優柔不断な態度に反発しつつ
アスランの行動や言葉に少しづつ影響を受け
自分なりの正義を見出すってのが無難なんだけど
議長の言葉に盲目的になりすぎなんだよね
たまに議長の言葉に疑問を持ったりするんだけど
どうにもならない戦闘が始まって
なし崩し的に議長は正しいと思わないとやってられない状態になる
ここらへんが気に入らない
その前までの疑問や葛藤をバッサリ切り捨ててしまってる
最後まで自分の正義を見つけられなかった可愛そうな主人公


真の主人公であるキラ
前作で悩みを全て振り切り
自分の正義を信じて突き進むスーパーマン
自分の出来ること(戦闘)を全力で行使するヒーロー
自由騎士ですね

彼はあまりにも強すぎ
ゲームバランスを崩壊させる裏技が主人公になっちゃった感じ
「綺麗すぎる正義が圧倒的な力で世界を崩壊させる」
良い未来にはならないかも知れないけど
正しい未来にはなるはず
そんな感じ
嫌いじゃないんだけどね
ブレスオブファイア的でさ

もう少し伝説的位置になれなかったのかな
アムロみたいにさ
本筋の裏で戦ってますって感じでさ


影の主人公アスラン
多分、一番の良識人
世界には事勿れ的な日和見的な部分があって
それは仕方の無い事だとわかりつつ
真面目だから納得できなくて悩む
無邪気なキラとシンに振りまわされっぱなし

彼にはシンの道しるべになって欲しかったけど
終始悩みっぱなしで明確な道を示せなかった
しかも受動的すぎて
成り行き任せな感じもする

シンへ影響を与えつつ自らザフトを抜けて欲しかった
もしくはザフト内で何かを変えて欲しかった
本来ならクワトロ的な立場になるべき存在
キラなりカガリなり
行くべき場所はあるのにね


他にもブーステッドどもの扱いがねぇ

そもそも3人居る意味がない
3人居れば
水色が死んだときに記憶の書き換えによる影響が出る描写
とかできなかったのかな?

最後まで生きてたヤツが
唐突に錯乱して登場してあっさり死ぬとかなに?
マシュマーほどとは言わないけど掘り下げても良くない?

ステラの死なんて
シンが戦争の虚しさを知るストーリーのはずが
キラへの恨みになっちゃてるし


とりあえず一貫してキャラクターの変化が描ききれてないよね
描くつもりが無いのかもしれないけど
色々なキャラを殺さずひっぱって
見せ場も無く殺すのは良くないよ

あ~もう面倒
他にもあるけど無理
これで終わり
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gomenn.blog62.fc2.com/tb.php/304-909927de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。