我輩は犬である。タイトルはまだ無い。

犬について書いた記事は無かったと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の中へ行ってみたいと思います

忘念のザムドがおもしろい
どうもエコ犬です

みなさん、うすうす0.02mmくらは感づいていると思いますが
僕はオタクです
ナチュラル・ボーン・ロボットアニメ・ヲタクです

例えるなら
一般ピーポゥがカルピスウォーターだとすると
僕は原液です

ロボットアニメに関してだけは
今までに出逢った人物の中に
僕より濃いやつは居ません

僕の特技は、初見のロボットアニメのメカデザイナー当てです
まあ、ネット界隈だと
僕より濃くて濃くて
例えるなら
どうみてもせ○しです。ありがとうございました
な人がごろごろと居て
凄くもなんとも無いんだけど

この三次元空間では、結構凄い事だと思う

だから、
女の子(と言っても僕のと同世代)に
僕のロボットアニメへの造詣の深さを話すと
「すごーい」
「尊敬しちゃう」
みたいな事を言われる








ような時代が来ますように

フフッフー フフッフー さーあー
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

一冊読み終える度に、仕事に行きたくなくなる

自分が面白いと思う漫画や小説が映像化されると
自分の確かな審美眼に嬉しくなると共に
遠くに行ってしまうかのような寂しさを憶えます
ライドバックはマイナーなままアニメ化され
マイナーなまま終わりました。
ブレイクブレイドはどうなってしまうのでしょうか?
フォーチュンブリゲイドの4巻は絶望的なのでしょうか?
イレブンソウルは続編が出るのでしょうか?
そろそろラインバレルを切っていいでしょうか?
シドニアの騎士はにへーっぽく無いけど
これから僕らににへー的な絶望を与えてくれるのでしょうか?
どうもエコ犬です

最近、小説をもりもり読んでる
一週間に一冊くらいのペース
ジャンルは様々
基本はタイトル買いなんで
まあ、素晴らしいものもあれば
普通なのもある
それでも、プロの小説家の書いたもの
つまらないのは無いんだよね

僕が呼んだ小説のほぼ全てに共通するんだけど
読み始めはつまらない
キャラクターの色づけ
環境
雰囲気
文体
それらがある程度飲み込めなけりゃ
そりゃつまらん
大体、全ページの1/5~1/4くらい
そこらへんから面白くなる
だから、小説を読み始めたら
そこまでは読むようにしてる

いや、
なかにはスロースターターなものや
僕に合わないのか、引き込みが下手なのか
半分くらい読まないと面白くなってこないものもあるから
やっぱりガマンして半分は読む

さらには、物語の全容が見えてから途端に面白くなる作品にも
ちょくちょく出会う
往々にして、そんな小説は、ページの半分を過ぎ
3/4は読まないと意外と全容が見えない
だから、もう少し踏ん張ってそこまで読む

そして、稀にラストのオチを知る事によって
不完全なように見えた話が
一瞬のうちにして作者の意図した文法であり
僕がまんまと嵌められたと
ダマされた事に感動できる作品がある
そんな作品を見逃さないように、結局最後まで読む

つまり、どんな作品でも全部読む

そして読み終えた後に必ず来る感覚

ネバーランドから出て大人になったピーターパンのような感覚

はたして、ネバーランドなんてものは実在したのだろうか

かつてそこに居たはずが

全ては夢幻

そしてまた、次の物語を読みはじめる


テーマ:日記 - ジャンル:日記

ジャガイモに愛を込めて

いやー
更新してないねー
どうもエコ犬です

言葉とは
音の羅列に意味を付加したもの
付加された意味は一般性を持ってはいるものの
使う人、立場、時
いわゆるTPOってやつで様々に変化する

音よりも限定されるものの
文字も同様に
付加される意味は
一般性と個別性がある

たからこそ言葉は面白いんだけど
最近、とてもホワンとする言葉を知りました

言葉というか、ことわざかな
フィンランドあたりのことわざらしいんだけど
これがまた、ハートの温まる言葉なんですよ


『じゃがいもは、皮を厚く剥いただけ愛情がこもる』

この一見すると反エコな詞
これが温かい

意味がわからないと伝わらないだろうから
ヤボだけど説明すると

じゃがいもの皮って
日本でも下手な人は厚く剥くじゃん?
もはや、物語の中では
料理が出来ない事を表現する記号と化してるじゃん?
それはフィンランドあたりでも同じらしいんだよ

で、その厚く剥いた皮を肯定するかのような物言いがキモなんですよ
万国共通である料理下手の記号を肯定する事が優しさなんですよ
同じことを違う言い方で二回書いてみた

脱線してないで説明を続けます

基本的には料理下手は料理を作らない
料理が下手たから料理を作らないし
料理を作らないから料理が下手なんだけど
そんな料理下手が料理を作る理由って何だと思う?

お金が無いからとか
作ってくれる人が居ないからとか
コンビニが近くに無いからとか
そんなことを考えた人は
死ねばいいと思う
二回死んでから、チャーハンに生まれ変わって
僕に詫びればいいと思う


まあ、答えは
『自分の料理を食べさせたい人が居るから』です
いたってシンプル

料理が下手なのに
作ってあげたい

料理が下手でも
食べてもらいたい

料理が下手だからこそ
よっぽど大切な人にしか作らない

料理が下手であれば下手であるほど
相手に対して深い愛情が無いと
料理を作る気にはなれない

そんな深い愛情を
料理が下手であれば下手であるほど
厚くなっていく皮で表現した
とてもやさしい詞なんです


例えば貴方の大切な人が料理を作ってくれるとする
肉ジャガ、カレー、シチュー
なんでもいいです

そんな時、危なっかしくて不器用な手つきで
ジャガイモの皮を厚く剥いていたら
この詞を思い出してください
「あの人は自分の事をそれだけ大事に思っているんだ」
そう思ってください
相手の愛情に気づいてあげてください

そろそろバレンタインデー
手作りチョコに愛情がこもるのであれば
ジャガイモにも愛情がこもるはずです



ここまで30分ほどかけて書いたんですけど

なんか、すごいホンワカ書けた気がするんだけど


なんて言うか

あの

その

まあ、全部嘘なんだ

テーマ:日記 - ジャンル:日記

僕はエロゲーをやった事がありません

マジック革命セロを観てたんだけど
あんまりにもあんまりだぁ
どうもエコ犬です

もう、マジックって云うよりも
テレビの技法、演出の仕方って感じがするよ
僕らの求めてるイリュージョンはこんなのじゃない
イリュージョンといえば人工少女じゃないか!

僕らの求めてるマジックってのは
例えば
こんなんだと思う

~ナレーション~
数々のマジック革命を起こしてきたセロ!
今回を魚市場で奇跡を起こす!
~ナレーション終わり~

セロ「今回は、この魚市場にあるカニで奇跡を起こします」

おもむろにズワイガニを手に取るセロ
1匹、2匹、3匹…
次々とザルの中へ入れていく
ザルの下の重量計が約2kgを超えたところで
横から声が

蟹屋「ちょっとちょっと!それぐらいで勘弁してよ」

セロ「これだけじゃ寂しいな。タラバも入れちゃおうか」

蟹屋の言葉を聞いてか聞かずか
タラバもザルの中に丁寧に並べていく
今度は約1.5kgを超えたところで
再び横から声が

蟹屋「タラバはこれくらいで勘弁してよぉ」

弱々しい蟹屋の声に
セロはやれやれとアメリカナイズなジャスチャーをする
そして、カメラに視線をやると不適な笑みを浮かべる
ついに始まるセロのマジック革命
いったいどんな奇跡を起こすのか

セロ「ナァウ!」

蟹屋「まったくセロには適わないよ。出血大サービスで、10500円だ!」

ズワイ約2kg+タラバ約1.5kgで
なんと!税込み10500円

安い!


みたいな

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ゲームチャンプって言っても、その程度かい?

スパロボにかまけてるうちに
世間では株価暴落やら
ノーベル賞やら
ゲームショーやら
色々と起こってますね
どうもエコ犬です

自分がいかに世間に影響を与えてないかがわかります
バタフライ理論的な影響があると嬉しい

で、ノーベル賞を受賞した人の一人は
風呂桶でクォークが6つ以上あると閃いたとか
すごいねぇ
万有引力のりんごの話みたいだね

当然、突然閃いたわけではなく
一日中、クォークやら宇宙の成り立ちやらを考えてて
そんな脳内の世界が現実にフィードバックされたと言うか
現実世界とごっちゃになった現象なんだろうね

風呂の中では、滴り落ちる水滴がニュートリノであり
揺れる水面は重力の揺らぎ
もしくは、この世界と反物質世界を隔てた壁
なのかもしれない
たまたま風呂桶がクォークだったんだね

そんな時に僕はスパロボZばかりやってて
現実世界でも、スパロボのBGMが常に脳内で再生され
街中の雑踏がナナメ見下ろし視点で展開
「5ターン以内にあそこへ行こう」とか
「ここでMAP月光蝶を使えば、ウヒヒ」とか
ゲームの世界が現実にフィードバックされた
現実世界とゲーム世界がごっちゃになった現象を体験してました

ニルヴァーシュ、僕に力を


モウダメカモワカランネ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。